使い分けよう認印、銀行印、実印

ninin_tigai.png

認印と他の印鑑の違い





印鑑は、一本を使い回せばよいと思ったりしていませんか?

実は、一本の印鑑を使い回すことは非常に危険です。

そのため、用途に応じて印鑑の使い分けるためにも認印と銀行印と実印の役割の違いについてここでは紹介します。



<認印>


認印というのは、郵便物を受け取る際に、私が郵便物を受け取りましたよ!という個人が了承をした際に使用する印鑑です。

この印鑑は、日常生活で個人が印鑑を押すことが求められる際に私達が気軽に使用する印鑑です。



<銀行印>


この印鑑は、金融機関で各種手続きを行う際に利用者が本人であることを認証してもらう印鑑です。

この印鑑を利用することで金融機関側が、サービス利用者が本人であることの識別ができます。



<実印>


この印鑑は、住宅の購入や保証人になるといった大切な契約を行う際に使用が求められる印鑑です。

この印鑑は、私達が本人を認証する印鑑として役所に登録をした印鑑であり、私達が所有する最も大切な印鑑です。



まとめると三種類の印鑑は下記のようにまとめられます。①認印は、個人の了承のために使用する印鑑。②銀行印は、金融期間に個人の認証をしてもらう印鑑。③実印は、本人であることを証明する印鑑。

tokutei_inkan.png



指定印鑑が必要な時





指定された特定の印鑑ではないと取引を行うことができないことがあります。

ここでは、銀行印と実印を使用が必要になるケースについて紹介します。



<銀行印が必要なケース>


この印鑑が必要なケースは、金融機関の窓口にて預金の引き下ろしや保険の契約を行う時です。

金融機関にてサービスを受ける際には、本人確認のためにも金融機関に登録をした印鑑を用いる必要があります。



<実印が必要なケース>


この印鑑が必要なケースは、不動産の売買など契約者が本人でないと結べない契約を行う際です。

このような重要な契約を行う際には、印鑑を通して契約者が本人であることを証明する必要があります。

そのため、契約者が本人であることを証明するためにも実印の使用が求められます。

inkan_tukaiwake.png



印鑑の使い分け





私達が普段使用する印鑑は、認印と銀行印と実印の3種類に大別できます。

これらの3種類の印鑑は、求められる役割や必要となる状況が異なります。

そのため、下記のように3種類の印鑑を使い分けることをおすすめします。

①普段の日常生活では、印鑑の指定がない限り認印を使用

②銀行にて各種の金融サービスを受けるときにのみ銀行印を使用

③ 実印を使用しないと契約が行えないケースにのみ実印を使用



これまで見てきたように私達が所有している印鑑には種類があり、それぞれの印鑑に求められる役割は異なります。そのため、この機会にそれぞれの印鑑の役割を抑えた上で使い分けてはいかがでしょうか。
  • サイト管理人



    実印の使い分けについて調べてみた!

    実印をはじめとした印鑑の使い分けについて紹介しているサイトです。
  • カテゴリー

    アーカイブ