実印の使い回し

innkann_tukaimawasi.png

印鑑を一つにすること



一本の印鑑を様々な用途に使いまわしていないでしょうか。

実は、日常のあらゆる状況で一本の印鑑を使い回すことは、とても危険なのです。

ここでは、認印と銀行印と実印を一本の印鑑にて共有することついて説明します。

これら3種類の印鑑を一本にするというのは、役所にて登録した実印を金融機関で銀行印として登録し、認印として日常生活においても使用することです。

さらに分かりやすく説明すると、役所にて実印登録を行った大切な印鑑を、印鑑の使用が求められるありとあらゆるケースに使いまわすことです。



zituin_tukaimawasi.png

実印を使い回す危険性

 

実印を使い回すということは、印鑑の登録や使用が求められるありとあらゆるケースで個人を認証する印鑑を使用することを意味します。

そのため、万が一唯一の印鑑を紛失してしまった場合、役所や各種の金融機関などに登録した全ての印鑑を紛失してしまったことになります。

その場合、一つの印鑑を紛失しただけで印鑑を登録した全ての機関で登録印鑑の解除手続きと新たな印鑑による再手続きをしなくてはいけなくなります。



加えて万が一第3者によって印鑑を盗まれてしまった場合、保証人契約や銀行窓口での金銭の引き出しの被害に合う可能性があります。

このように実印を使いまわすことは、紛失等の被害によって取り返しの付かないトラブルに巻き込まれる可能性があります。



inkan_size.png

実印と同じサイズの印鑑には注意



現時点で実印と他の印鑑を使い分けている人も印鑑のサイズには、注意を払う必要があります。

仮に印鑑を使い分けていたとしても、共通のサイズの印鑑で各印鑑を管理していた場合、本人が誤って実印を使用してしまう恐れがあります。

どんな用途の印鑑であれ、基本的に印鑑の形や色には大きな違いがないことが多いです。

そのため、保有している印鑑の大きさを変えることで各印鑑の識別を行うことが求められます。

万が一、保有している印鑑のサイズが同じであった場合、使う必要のないケースで実印を使ってしまう可能性があります。

だからこそ、サイズも他の印鑑と分けることが大切になります。

このように印鑑のサイズに関しても使い分けることが大切になります。





これまで見てきたように、種類の面においても大きさの面においても同じ印鑑を使いまわすことは非常に危険なことです。

そのため、実印と他の印鑑ははっきりと別物だと分かる印鑑をいくつか用意して、使い分けることが大切になります。









  • サイト管理人



    実印の使い分けについて調べてみた!

    実印をはじめとした印鑑の使い分けについて紹介しているサイトです。
  • カテゴリー

    アーカイブ