ハンコを使い分ける大切さ

inkan_kubetu.png

実印と他の印鑑を分けることって?



「印鑑って何本も持つと管理が大変なので一本にした方が便利だよね」と思っている人はいないでしょうか。

複数の印鑑を管理することは大変かもしれませんが、大きなトラブルに巻き込まれないためにも複数の印鑑を使い分けることは大切です。

一般的には、普段の何気ない状況で使用する認印と、銀行の窓口で必要になる銀行印を、実印と分けることは大切です。

そのためにも銀行印と認印として使用する印鑑を役所に届けた印鑑とは別に用意する必要があります。



このように用途に応じて異なった印鑑を用意すれば、不用意に実印を持ち出すことや、使用する必要性がなくなります。





tukaiwake_inkan.png

印鑑を使い分ける大切さ



印鑑を使用用途に応じて使い分けることは、印鑑を紛失した際のリスクを減らすことができます。

実印を紛失し、第3者の手に渡ってしまった場合、知らない間に借金の保証人の書類にサインをされていたなんて事態が起こるかもしれません。

もし用途に応じて印鑑を使い分けていなかった場合、自宅で郵便物を受け取るといった日常生活においても実印を使用する必要があります。

その場合、印鑑を使い分けていた時とは比べられないくらい実印を紛失するリスクが大きくなります。

他方で印鑑を使い分けていれば、特別な事情がない限り最も大切な印鑑を安易に外に持ち出す必要がなくなるので紛失のリスクを減らすことができます。



このように印鑑を使用用途に応じて使い分けることは、大切な印鑑の紛失リスクを抑えることができるので非常に大切になります。





saizu_zuiin.png

サイズを実印と分けること



印鑑のサイズを変えることは、各種の印鑑を管理する際にも非常に大切になります。

一般的には、実印のサイズ>銀行印のサイズ>認印のサイズにすることで各印鑑を使い分けることが推奨されております。

実印とその他の印鑑のサイズや形状が同一だった場合、自宅にあるそれぞれの印鑑の役割を自分で把握ができなくなってしまう可能性があります。

この場合、本人が認印だと思って安易に管理していた印鑑が、実は大切な実印や銀行印だったというケースが生じる可能性があります。

このようなリスクを避けるためにもそれぞれの印鑑のサイズを変えることで本人がそれぞれの印鑑を識別できるようにする必要があります。



このように万が一の実印の紛失リスクや持ち主の各印鑑の識別リスクを避けるためにもサイズや形状が異なった印鑑を用意することが大切になります。









  • サイト管理人



    実印の使い分けについて調べてみた!

    実印をはじめとした印鑑の使い分けについて紹介しているサイトです。
  • カテゴリー

    アーカイブ