実印と銀行印の違いを学ぼう

zituin_ginkouin.png

そもそも実印と銀行印とは?



「実印と銀行印の違いって何?」と聞かれてすぐに答えられますか。

今ドキッとした人がいるかもしれませんが、実印と銀行印には明確な違いがあります。

その違いについてこのページでは紹介します。



私達が役所に登録した個人が一本しか持つことができない印鑑のことを実印と言います。

この使用者本人を証明する印鑑は、非常に重要な印鑑です。

そのため、家を購入するといった私達にとって本当に大切な契約を行う際に使用されることが多い印鑑です。

この印鑑で契約を行った場合、本人個人が納得して契約を行ったと見なされます。





銀行印というのは、銀行で本人認証のために登録を行った印鑑のことです。

この印鑑は、銀行で口座を開設することや窓口で現金を引き出す際に使用する印鑑です。

そのため、実印と同様に非常に大切な印鑑です。



ginkouin_zituin.png

実印と銀行印が異なる点



実印は法的な側面において本人を証明する印鑑です。

他方で銀行印は金融機関で本人認証をするための印鑑であり、本人を証明する印鑑ではありません。





そのため、万が一、銀行印を無くしてしまい、第3者に実印が必須の契約を締結されたとしても無効になるケースが多いです。

他方で実印を紛失してしまった場合、紛失した印鑑を通して行われた契約は原則本人が結んだものと見なされることが多いです。

そのため、第3者に実印を無断で使用されてしまった場合、契約の取り消しが難しくなってしまうケースが頻繁に起こります。



houzin_inkan.png

法人判子の異なる点



会社の経営上に使用される法人ハンコにおいても両者には大きな違いがあります。

会社経営上に使用される会社実印というのは、経営者が会社の本店所在地に対して届け出をした印鑑のことです。

この印鑑は、代表者印と言われ、会社が対外的に行う重要な契約や会社設立の登記の際に使用されます。

他方で会社銀行印は、会社が銀行に対して各種の手形や小切手の処理を行うときなどに使用される印鑑のことです。

こちらも前者と同様に重要で金融機関を通して直接金銭を会社が動かす際に必要になるので非常に大切な印鑑です。

しかしながら、会社実印と違い、会社が対外的に大きな取引や契約を行う際に使用されることはほとんどないと言われております。





これまで見てきたように両者のハンコには、法的な側面や使用用途においても異なる役割を担っています。

皆さんはこのような違いを意識して使用したことがあったでしょうか。

もし普段意識していなかったならば、この機会に両者の違いをよく認識してみてはいかがでしょうか。


印鑑の購入は通販サイトの利用がお得



実印と銀行印の違いや、法人印鑑との違いについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

それぞれの印鑑の使用用途や役割の違いについてご理解いただけたと思います。

個人の印鑑にせよ、法人の印鑑にせよ、実印や銀行印はどちらも大切な役割を果たしますので、作成時には安全面などを考慮した、しっかりとしたはんこを購入するようにすると良いでしょう。


そして、印鑑を購入する際にお得な価格で購入できる方法を御存知でしょうか?

それは、ネットの通販サイトを利用してはんこの注文をするということです。

私が調査したところ、ネットの通販サイトを使って印鑑を購入すると、ハンコ屋で購入する場合に比べて、3割~半額程度の価格で購入できることが分かりました。

これは、はんこを作成する際には、通販サイトを利用した方がコストを安くすることができますので、利用しない手はないですね。


ただ、ネットの印鑑通販サイトと言っても、調べてみるとかなりのサイトの量がありますので、通販サイト選びも大変です。

私も良い印鑑サイトをいろいろと探していたのですが、そんなときに通販サイトを比較してくれているランキングのページを発見しました。

しかも、安い通販サイトや、急ぎのときに使えるショップ、評判の高いサイトまで、用途別にカテゴリーをまとめてくれています。

印鑑の通販サイト選びで悩んだ時には、ぜひご参考にしてみてください。








  • サイト管理人



    実印の使い分けについて調べてみた!

    実印をはじめとした印鑑の使い分けについて紹介しているサイトです。
  • カテゴリー

    アーカイブ